腹筋ダイエットで脇腹もスッキリさせよう


それでは、下腹だけでなく上腹やわき腹の筋肉も鍛えることにしましょう。簡単な腹筋ダイエットで上腹の鍛錬を行なうことで、内臓を筋肉の力でちょうどよく体内に収めることができ、正し姿勢でプロポーションもきれいに保つ効果も期待できるでしょう。

腹筋ダイエット運動を行なう時の注意としては、、背中をピンと伸ばしたままで行なうと、腰を痛める危険性があるのでやや丸めた状態で腹筋運動をするようにします。あごを手前に引き、手の平を上腹に乗せ、まっすぐに仰向けに寝ましょう。そして背中を軽く屈めるような姿勢で、ゆっくりと上体を起こしていきます。その後、上腹部の筋肉に力が入り、固くなった状態で5秒間キープします。最後は最初の状態にゆっくりと戻します。この動作を1セットとし、1日10セットを目標にして、毎日腹筋ダイエット運動に取り組みましょう。

腹部の脂肪をより効率的に燃やすためには脇腹のダイエット運動も大切です。飛び出た腹の部分やせを目指して、脇腹の運動にも取り組みましょう。筋肉を酷使しない程度に、長く続けられるペースでの運動を目指しましょう。

脇腹のダイエット運動は、体を左右にひねる運動で筋肉を鍛えていきます。まず、椅子を一客用意してください。その椅子に軽く座り、腕を前方にまっすぐ伸ばします。そして、足を軽く開いた状態で、椅子の背もたれを掴めるくらい体を横から後に捻じってください。そのままの姿勢でゆっくりと5つ数えてから、捻じれを戻し元の真っ直ぐの姿勢に戻ります。これを左右で1セットとし、10セット行ないましょう。

腹筋ダイエットは、一連の動作を覚えることも簡単ですし、どのような方でも手軽にチャレンジできるダイエット運動です。。毎日の生活に取り入れて、毎日コツコツとダイエット運動することがポイントです。毎日やるとやらないとでは大きな差がでるのが腹筋ダイエットといえるのではないでしょうか。

続きを読む >>
posted by onaka-daiet at 12:22 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腹筋ダイエットで、くびれたお腹を目指しましょう


腹筋運動はもちろんのこと、日常の動作においても取り入れることが出来るダイエット方法が、腹筋ダイエットです。例えば、真っ直ぐ立つことは毎日どこかで行なう姿勢ですね。また、どこかに移動中や何かを待っている時は、立っていることが多いのではないでしょうか。

そんな時は常に、下腹部に力を入れて、おなかの筋肉を意識して立つような習慣をつけましょう。普段はまったく意識していないお腹の筋肉も、こうすることにより刺激され、姿勢も良くなり、徐々に引き締まっていくのを感じてくるようになります。お腹の筋肉は屈伸時にもよく使う部位なので、腹筋ダイエットにより直立姿勢を意識して鍛えることでボディラインが整えられ、締まったお腹になることができるでしょう。

また、腹筋に力を入れて背筋を正しながら立つことで、トータル的な印象をグーッとと若く見せることができます。反対に背を丸くしていたのでは、実際の年齢より老けて見えることが多いようです。

また、女性は腹部に肉がつく傾向が強いので、筋肉を腹筋ダイエットで鍛え、脂肪対策をする必要があるのです。これは子宮や卵巣など、大切な部分を守る為に必要です。この下腹の筋肉が弱いとボッテリとしたお腹に見えてしまい、筋肉が脂肪を支えきれず、ぷよぷよとしたお腹になってしまいます。毎晩、寝る時間の前に、ほんの数分の時間を作り、毎日腹筋ダイエットを継続して行なうことによって、くびれたお腹を目指していきましょう。

腹筋を鍛えるには、まず仰向けの姿勢で横たわります。そして10回、膝を引き寄せながら抱えて戻すという運動を行ないます。ポイントは、下腹に力が入っていることを意識して行なうことです。また、起床後にすぐにこの運動をすることで、まだ寝ぼけている体にも活が入り、腹筋が鍛えられるということだけでなく体が爽やかに目覚めるという効果も期待できます。

続きを読む >>
posted by onaka-daiet at 12:20 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腹筋ダイエットは、生活の中に適度に織り込みましょう


余分な脂肪というものは、人間の体には色々な部分につきますが、特に腹部の出っ張り具合を気にかける人は多くいます。なかなか部分的に痩せるこというは、たくさん運動をしていても、なかなか難しいですよね。

ポッコリおなかをなくすには、おなかのたるみを防ぐことが大事です。そして、そのたるみを効果的に防ぐのに、おすすめなのが腹筋ダイエットです。腹筋ダイエットは、引き締まった腹部になるために、腹筋を鍛えてお腹の脂肪を減らします。

おなかの筋肉を腹筋ダイエットで鍛えると、代謝機能が上昇し、脂肪の燃焼が促進します。つまり、腹筋ダイエットをすることで、筋肉がついて新陳代謝が増し、脂肪が燃えやすい体質になることができます。

しかし、大勢の人は腹筋は苦しい運動だという印象を持っており、腹筋はやりたくないと思ってはいないでしょうか。子供の頃に強制的にやらざるをえなかった腹筋運動は、苦しいだけだったという印象を持っている人も多いと思います。

このように腹筋は辛い訓練の象徴のようにも思われています。嫌なことを長く続けるということはとても大変であり、長く続かないダイエットは何の効果をももたらしません。しかしさぼってしまうと、再び筋肉が衰えていきます。たくさんの運動メニューを一度に詰め込み、無理矢理に腹筋運動を続けていては、モチベーションを続けることも難しく、挫折する可能性が高くなるでしょう。

ダイエットで大切なことは、ダイエットが苦行にならないように気をつけながら、いつの間にか気づいたら結果が出ていたという程度を目指し、腹筋をする習慣を生活の中に適度に織り込んでいきましょう。

続きを読む >>
posted by onaka-daiet at 12:09 | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。